2009年01月12日

この身は泡沫のごとし − 一切に我が物なし

多くの人々は、下記の意味を理解できないかもしれない。

胎児期からの自己殺傷行為のプロは、下記に示したように、自己殺傷する。 − たまたま認知行動パターンがブッダと一致しているだけだが、下記のものは中村元氏がサンスクリットから起こした、ブッダの言葉の置き土産を下記に示してみよう。

ブッダの思想は、苦しみの原因となる欲望や煩悩や執着を消滅させるために、内外の(特に内省の)「清浄の行」を土台としている。

つまりは、精神医学の療法に通じる合法にあたるものだ。

無の境地に至る事。これはヘーゲルの思想にも繋がる「無」の境地の世界だが、私には最もこれが心地よい。


### 『ダンマパダ』1-2 ###

ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によって作り出される。もしも汚れた心で話したり行ったりするならば、苦しみはその人につき従う。 − 車を引く牛の足跡に車輪がついて行くように。

ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によって作り出される。もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、福楽はその人につき従う。 − 影がそのからだから離れないように。


### 『ダンマパダ』119.121 ###

まだ悪の報いが熟していないあいだは、悪人でも幸福に遭うことがある。しかし、悪の報いが熟したときには、悪人は災いに遭う。

「その報いはわたしには来ないだろう」と思って、悪を軽んずるな。水が一滴ずつでも集めるように悪を積むならば、やがて災いに満たされる。


### 『マッジマ・ニーカーヤ』 ###

マハーナよ、わたくしがさとりをひらくよりも以前に、、あだ正覚に達していないで、求道者であったときに、次のように智慧によって如実によく見通した。

「欲望は楽しみの少ないものであり、苦しみ多く、悩み多く、そこには禍い(わざわい)が甚だしい」ということを。


### 『サンユッタ・ニーカヤ』 ###

苦しみと苦しみに起こるもとを見た人は、どうして欲望に傾くであろうか。


### 『スッパニータ』 ###

肉が落ちると、心はますます澄んでくる。

わが念を智慧と統一した心とはますます安立するに至る。

私はこのように安住し、最大の苦痛を受けているのであるから、わが心はもろもろの欲望にひかれることがない。


### 『律蔵』 ###

生も苦しみである。老も苦しみである。病も苦しみである。死も苦しみである。愛さない者と会うことも苦しみである。愛する者と別離する事も苦しみである。すべて欲するものを得ないことも苦しみである。

要約していうならば、五種の執着の素因(五種蘊)は苦しみである。


### 『ダンマパダ』273-279 ###

「一切の形成されたものは無常である。」(諸行無常)と明らかな智慧をもって観るときに、人は苦しみから離れる。これこそ人が清らかになる道である。

「一切の形成されたものは苦しみである。」(一切皆苦)と明らかな智慧をもって観るときに、人は苦しみから離れる。これこそ人が清らかになる道である。

「一切の万物は我ならざるものである。」(諸法非我)と明らかな智慧をもって観るときに、人は苦しみから離れる。これこそ人が清らかになる道である。


posted by 0≠素子 at 14:07| Comment(0) | profile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。