2008年12月07日

science & nature

本日は、日中は夜の19:00まで爆睡(眠)していたので、目覚めてからテレビをつけた以降RKBを何気なく診る事になった。何故RKBを見たのかといえば、ここ数日前から感染の危険性が浮上していた、H5N1に関する特集があっていたからだった。

自分の場合は日頃は週間科学誌のnatureで情報を入手する事が多く、危険性が高まったときに、調査報告書のリサーチを行うなど、リサーチするようにしている。今回、民法のテレビ番組で扱われていたことからチェックする事にした。


### 近未来×予測テレビ ジキル&ハイド ###
「インフルエンザ最前線スペシャル!!」
  致死率63%のウイルスが日本に侵入!?
  H5N1ウイルスの研究現場に密着!
  新型インフルエンザに効く新薬が開発された!?

【評価】:自分が観て☆☆☆☆☆ … 100/100
問題についての知識は的確かつ明確で良し。
対策も妥当。報道の仕方も言うこと無し。
薬剤の注意事項や殺菌の仕方など、突っ込むところは無し。 

尚、新薬「T-705」については、[nature]では、随分と早いうちに取り上げられていた。数々の報告が上がってきた鳥インフルエンザ問題が浮上した頃[nature]で議論されていたが、何度か議論されるうち、新薬の開発が必要と見られていたその後にこの新薬の話が上がっていた。

まず始めに、ネット上で入手できるデータの一部を参考に取り上げることとする。

### UpDate ###
トリインフルエンザ - Wikipedia
国立感染症研究所 感染症情報センター:鳥インフルエンザ
国立感染症研究所 感染症情報センター:鳥インフルエンザに関するQ&A
厚生労働省:鳥インフルエンザに関する情報


### 素敵な宇宙船地球号 ###
  [第552回] 12月7日放送
 「サイモンおじさんの移動映画館」
   〜映画の力で野生の王国を救え!〜

【あらすじ】:野生の王国アフリカで、動物の密猟や森林破壊が止まりません。
 田舎の子供達は、野生の動物を間近で見たこともなければ、テレビなどで野生動物の映像を見る機会もありません。多くの子供たちにとって、ゾウは畑を荒らす悪い動物であり、ライオンは家畜を襲う恐ろしい猛獣です。また、森林を無計画に伐採し、薪や炭にして燃やしてしまう事がいけないことだということは、村の大人たちもわかっていません。
 そんな中、44年もの間、自然を撮り続けてきたカメラマンが、映画の力でこの問題と闘っています。今回は、移動映画館でアフリカを守る男と村人たちの物語です。

【評価】自分が観て☆☆☆☆☆ … 100/100
下手な自然環境保護団体より、目的が達成しやすい。
これが物事の道理。
地道だが1つ1つ「自分にできることからやる」というのがベスト。

ジェフ・コーウィンの番組では度々問題にされていたテーマの1つ。自然保護問題と原住民との間で生じているパラドックス。生物学者がナビゲートする番組では誰しも取り上げるが、一番自然で妥当な現し方をしていたと観ていた私が共感できていたものはジェフ・コーウィンのものだった。ここで定義されるのは、原住民が何よりも理解しなければ物事が解決されないという事。ジェフ・コーウィンは、誰にでも理解できるよう、相対的な関係を示して、このポイントを何度も取り上げていた。

これを実際に解決した方法をとっているのがサイモンおじさんである。サイモンおじさんが上演する映像を見て、二十歳の若者が「森は自分たちだけではなく、すべての生物に必要なんだ」と理解して森林伐採を守るレンジャーを結成して活動しているという。頭のいい子は教えなくても、率先してアプローチし、ここまでする。

また、サイモンおじさんと一緒に働いていた末子が映画を見て以降からの経験を通して成長していく姿は素晴らしい。「象は食べ物を荒らしたりする悪い動物」から「森があって食べ物があれば象が死ななかったのかもしれない」→「映画ではない野生の姿をみる」→「動物と一緒に住める世界にしたい」→「大きくなってガイドになって、多くの人々に知ってほしい」と成長していく。

問題の対処は、善悪を説くのでは対処できない。善悪で話を進めれば、わだかまりが生じるだけであって問題は解決できない。まず問題があり、まず何かを通して学習して、物事の成り立ちを理解できなければ、対処が生み出せないのがヒトである。

少なくとも保護団体のやり方では、善悪と法律に頼るところがあるだけ、原住民は理解できないだろう。なぜなら生活が掛かっているからだ。田畑を広げる方法を教えるのではなく、生態系や森を守るのが重要で人もその恩恵を受けているという事を教える者がいないだけに、伐採や乱獲を切っ掛けに生態系が壊れ、食料がないから田畑が食い荒らされるという悪循環。ヒトには害獣と認識されるだけ、自然界の成り立ちを知ることが必要となる。

一番自然でよい方法だと思う。
【関連する記事】
posted by 0≠素子 at 23:50| Comment(0) | paradox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。