2008年08月30日

こんなんなんじゃ、子供作れないよな…

 大野病院事件判決について報道が挙がっていたのを見て、しっくりこなかったから、調べてみた。

===================================
産科医の無罪確定へ
 =帝王切開死、検察が控訴断念
 −「今後は慎重に捜査」・福島
8月29日15時15分配信 時事通信
===================================

 福島県立大野病院で2004年、帝王切開手術を受けた女性=当時(29)=が大量出血して死亡した事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた執刀医加藤克彦被告(40)を無罪とした福島地裁判決について、福島地検は29日、控訴の断念を決めた。控訴期限の9月3日が過ぎれば、無罪が確定する。

 公判では、癒着した胎盤を子宮から剥離(はくり)した際に大量出血を予見できたのかと、剥離を中止し子宮摘出に移る義務があったのかが主な争点だった。

 地裁は20日の判決で、子宮摘出に移るべきだとした検察側主張について「医学的準則だったとは認められない」とし、被告に剥離措置を中止する注意義務はなかったと認定。検察側立証は医学書の記述などにとどまり、主張を裏付ける臨床例を提示していないと指摘していた。

 同地検の村上満男次席検事は「違反者に刑罰を科す(医師の)注意義務をどうとらえるかで、裁判所は検察と異なっていた。裁判所は臨床、検察は医学書に基づいており、判決のような考え方もある」とし、控訴しても裁判所の判断を覆すことは困難とした。

 加藤被告の逮捕、起訴について「法律と証拠に基づいてやった。判断としては間違っていない」としたが、「今後はより慎重、適切な捜査をしたい」と述べた。
 
 この上記の文面と、この記事に対するコメントが妙に胡散臭かったので調べてみたが、こんな風じゃ、女は産婦人科に行くのも怖くて、子供を産みたがらないぞと。


 そもそも産婦人科系の医療ミスは昔からよくあった話で、母も出産時の対応ミスで大動脈を切って死に目を見ており、その後病院を入退院する日が続いても治らず10年ほど引きずった。産婦人科にも藪が多く、自身でも子宮内膜症の診断ミスをしていたケースが数件経験がある。

 因みに子宮内膜症は血液検査でわかるもので、その障害と認められる数値が非常に低かったのに対しストレスの数値が非常に高いことから子宮内膜症ではないことがわかった。それは、別の問題の検査での診察時に判った事で、産婦人科ではない脳神経科(脳の権威の博士である教授に紹介された)で誤診であることがわかった。

 それは、今から15年前の話で(痛みが酷く動作感覚がとれず、数分前の記憶が飛ぶようになった事が切っ掛けで)脊髄疾患の治療の経緯で脳神経科の権威の博士である教授に紹介されたからわかったものだが、その当事の医学では診断できず解明できない障害が出ていた事から、担当医よりの紹介で、幅広い視点から問題を解決しようと試みられたときのものに当たる。いわば、紹介されたところが大学病院の教授とはいっても博士だったので、幅広い視点から問題を解決しようと試みられた診察などが行われた。

 血液検査をした時の診察時に、疾患経歴を説明中に〔薬物治療を2回も断念した〕ことを話すと、血液検査の結果からは子宮内膜症の可能性は全くないと完全否定された。この事から誤診であることがわかった。逆に、「なぜ産婦人科の医師たちが、血液検査の数値が低いのに子宮内膜症と診察するのが疑問だ」と血液検査などを受けたかどうかを質問された。勿論血液検査をした上での診察だった事を説明したが、博士は物理に沿わない診断が行われた事に頭を抱えていた。

(補足:腹部の痛みは脊髄疾患由来の障害のストレスが自律神経系に影響していたらしく食事治療を行ったが痛みは治らず、脊髄がもとから弱い状態、つまりはヘルニアだからどうしようもないということになった。現代医学では対応が出来ないという事で、そこで自力で解剖学と分子生物学を駆使したストレスをかけない認知行動療法と栄養摂取と適度な運動で、長い時間をかけて軽減させていく事に成功している。数分前の記憶が飛ぶようなことがなくなったのは痛みや感覚が取れない事が軽減すると障害がなくなった事から、意識をそれらに集中させていたためだと考えられた。子宮内膜症ではないと判った以降はストレスの影響だと考えて対処したのでその後、内膜壁の痛みが出る事が少なくなった。)


 帝王切開でまず出血するケースは、どっかの大動脈を切らない限り、物理的には考えられないのが普通だが、大動脈が通っているところといえば、全前置胎盤の胎盤剥離面、傍大動脈リンパ節郭清―後腹膜あたりかな…。調べてみると、稀に大動脈が切れるらしい。

 調査によれば、胎盤剥離困難の7割予測できないという。前置胎盤の妊婦では、出産時の出血量が2000mL以上になるケースが23.6%に上り、そうした胎盤剥離困難例の4分の3は術前に予測できなかったことが明らかになった。胎盤剥離が困難だった症例のうち、術前に予測されていたのは26.9%であり、約4分の3は術前に予測されていなかった。癒着胎盤が予測された症例の30%は、胎盤をはがすことなく子宮摘出などの処置が行われていたらしい。(参考:『胎盤剥離困難の7割予測不能』)

 ま、怖い話だよね。


### 大野病院事件判決要旨 ###
大野病院事件判決要旨(1)
大野病院事件判決要旨(2)
大野病院事件判決要旨(3)
大野病院事件判決要旨(4)
大野病院事件判決要旨(5)

### 大野病院事件判決までの奇妙な流れ ###
大野事件「控訴しないで」―超党派議連
「大野事件の控訴取りやめを」署名6873人分を法相らへ送付
大野病院事件、被告医師に無罪判決


 因みに自分は『福島県立大野病院事件論告求刑公判 - lohasmedical.jp』に挙げられた文面は論理的で理があると考える。

 ゲノムベースの今の時代、問題があるなら知識や技術を高めて問題を解決する方がまず先であると思う。

 純粋な理学である場合、稀の事態が起こった場合は擁護せずに根拠を求めて解決するのが日常で、やることは生物学よりも物理学の方が非ビアでやることが細かい。工学ならもっと細かくなるが、いずれにしても物性に対して人間心理なんて関係ないのが科学の世界。寧ろ、原因を解明し原因を解決するのが科学。

 医師が公務員化・サラリーマン化したらおしまいかな・・^^;


 また、医療には医療問題なんてのがあるが、経済を分析する純粋な経済学じゃ、資源配分問題が底辺にあるから、極めてドライな世界となる。人材問題とかいろいろあるだろうが、医者側が勝訴になった事に喜ぶ前に「診断を困難にしている問題についてどうするか」の解決策を一日も早く見出して欲しい。

posted by 0≠素子 at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いくら医療が進歩してきているとはいえ、医療は未だ(というか永遠に)発展途上な分野であり、その時点の医療技術で最善を尽くしても、どうしても命を救えない…という「医療の限界」が存在する訳で。

その「医療の限界」に直面し、最善を尽くしても、どうしても患者を救えなかった医師が、警察に腕に鉄の輪を嵌められ、取調べで「あなたは殺人者だ」と言い放たれ、医療ミスではない事が裁判で明らかにされてなお、世間に「殺人医師」「人殺し」と呼ばれ続けている現状では、医師になりたい…と思う者がいなくなっても仕方が無いでしょう。

「医療の限界」による落命までもが「殺人」として扱われるのならば、「医療の限界」で命を救えない可能性のある分野に携わる医師は皆「殺人者予備軍」「犯罪者予備軍」という事になってしまうんですから。

…。
……。
………。

好き好んで「犯罪者予備軍」になろう…なんて人間は、はたしてどの位いるんでしょうかね?
Posted by 都筑てんが at 2009年06月07日 04:59
アポトーシス中にいらっしゃいませ。
復帰しました。

私が生まれた時代ならまだしも(私の母は出産時に、体重をかけての押し出し式の出産法だったので、血の道が切れて長い間入院生活していました。治らないまま現在も生活しています。)、現状からすると、科学技術の促進や医学の知識が豊富であるので、そう簡単に"血の道"が切れることはないですよね。

ここが疑問です。
だから、実際に調べもしました。何が限界かなのかについても調べています。その限界とは違うところにあったアクシデントだったので、ことさら疑問が浮かび上がっていました。


私は医師も科学者の類だと思います。客観視できずに主観的を持ったままではとても大変だろうと思います。

心身から救済のための真意が真実であるのなら、行動に出るはずです。術後のリスクの提示は始めから示しておいた上でのもので過程が進められるのが道理だと思います。このような方法では、患者や家族に必ず伝わるものではないでしょうか。

一般的に考えるのは「対応が良い医者」か、そうでないかのどちらかの判断だと思います。

「犯罪予備軍だ」なんて考えは一般の人々には無いと思いますが…A^^;
Posted by 0≠素子 at 2009年09月03日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。