2009年03月25日

「アポトーシス」の考え方

 アポトーシスとは、基礎科学の世界では、分子生物学の生物のDNAの構造を説明する上で登場してきた言語です。

 著者である場合、子供の頃から科学や技術に慣れ親しんできた典型的なサイエンスマニアでありますから、基本的に基礎科学の知識をベースに、「物理を理解するために」を目的に見てきました。

### 参考資料として ###

アポトーシス
telomerase RNA
分子生物学による基礎知識より『ヌクレオチドとヌクレオシドの名称

 工学・化学・経済学(分析系)など筆頭とした科学技術の世界では、こういった自然界の摂理や構造をよく観察し、よく理解した上で、フラクタル・モデル(プロセスベースモデル)を構成しています。

 問題とされるところは、「カオスや不確定性因子が存在するところをどうするか?」であり、「リスク対応の設定においての問題」であり、「アセスメントをどこまで配慮するべきか」になるんでないだろうかと、私的には考察中であります。

 これらの問題というのは、たとえ有識者や技術者にノウハウがあったとしても、環境の状態によってはパラドックスも生じやすいものであるので、非常に難しいものなのだろうと考察しています。

 勿論、基礎科学や科学技術が発達すれば人間社会にも大なり小なりの繁栄があるもの、或いは望まれてしまうものであるので、導入した場合には、それが存在するまでは、リスク対応やアセスメントの対応が必要となってきます。

 科学理念ないし、技術倫理においては、常に議論が行われていることについてはリサーチの中で確認してきました。情報倫理・環境倫理においては、IT技術が発展した分、今後も、再修正・新たな構築・検討が必要になってくるかと思われます。

posted by 0≠素子 at 12:13| Comment(0) | paradigm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。