2008年08月30日

こんなんなんじゃ、子供作れないよな…

 大野病院事件判決について報道が挙がっていたのを見て、しっくりこなかったから、調べてみた。

===================================
産科医の無罪確定へ
 =帝王切開死、検察が控訴断念
 −「今後は慎重に捜査」・福島
8月29日15時15分配信 時事通信
===================================

 福島県立大野病院で2004年、帝王切開手術を受けた女性=当時(29)=が大量出血して死亡した事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた執刀医加藤克彦被告(40)を無罪とした福島地裁判決について、福島地検は29日、控訴の断念を決めた。控訴期限の9月3日が過ぎれば、無罪が確定する。

 公判では、癒着した胎盤を子宮から剥離(はくり)した際に大量出血を予見できたのかと、剥離を中止し子宮摘出に移る義務があったのかが主な争点だった。

 地裁は20日の判決で、子宮摘出に移るべきだとした検察側主張について「医学的準則だったとは認められない」とし、被告に剥離措置を中止する注意義務はなかったと認定。検察側立証は医学書の記述などにとどまり、主張を裏付ける臨床例を提示していないと指摘していた。

 同地検の村上満男次席検事は「違反者に刑罰を科す(医師の)注意義務をどうとらえるかで、裁判所は検察と異なっていた。裁判所は臨床、検察は医学書に基づいており、判決のような考え方もある」とし、控訴しても裁判所の判断を覆すことは困難とした。

 加藤被告の逮捕、起訴について「法律と証拠に基づいてやった。判断としては間違っていない」としたが、「今後はより慎重、適切な捜査をしたい」と述べた。
 
 この上記の文面と、この記事に対するコメントが妙に胡散臭かったので調べてみたが、こんな風じゃ、女は産婦人科に行くのも怖くて、子供を産みたがらないぞと。


 そもそも産婦人科系の医療ミスは昔からよくあった話で、母も出産時の対応ミスで大動脈を切って死に目を見ており、その後病院を入退院する日が続いても治らず10年ほど引きずった。産婦人科にも藪が多く、自身でも子宮内膜症の診断ミスをしていたケースが数件経験がある。

 因みに子宮内膜症は血液検査でわかるもので、その障害と認められる数値が非常に低かったのに対しストレスの数値が非常に高いことから子宮内膜症ではないことがわかった。それは、別の問題の検査での診察時に判った事で、産婦人科ではない脳神経科(脳の権威の博士である教授に紹介された)で誤診であることがわかった。

 それは、今から15年前の話で(痛みが酷く動作感覚がとれず、数分前の記憶が飛ぶようになった事が切っ掛けで)脊髄疾患の治療の経緯で脳神経科の権威の博士である教授に紹介されたからわかったものだが、その当事の医学では診断できず解明できない障害が出ていた事から、担当医よりの紹介で、幅広い視点から問題を解決しようと試みられたときのものに当たる。いわば、紹介されたところが大学病院の教授とはいっても博士だったので、幅広い視点から問題を解決しようと試みられた診察などが行われた。

 血液検査をした時の診察時に、疾患経歴を説明中に〔薬物治療を2回も断念した〕ことを話すと、血液検査の結果からは子宮内膜症の可能性は全くないと完全否定された。この事から誤診であることがわかった。逆に、「なぜ産婦人科の医師たちが、血液検査の数値が低いのに子宮内膜症と診察するのが疑問だ」と血液検査などを受けたかどうかを質問された。勿論血液検査をした上での診察だった事を説明したが、博士は物理に沿わない診断が行われた事に頭を抱えていた。

(補足:腹部の痛みは脊髄疾患由来の障害のストレスが自律神経系に影響していたらしく食事治療を行ったが痛みは治らず、脊髄がもとから弱い状態、つまりはヘルニアだからどうしようもないということになった。現代医学では対応が出来ないという事で、そこで自力で解剖学と分子生物学を駆使したストレスをかけない認知行動療法と栄養摂取と適度な運動で、長い時間をかけて軽減させていく事に成功している。数分前の記憶が飛ぶようなことがなくなったのは痛みや感覚が取れない事が軽減すると障害がなくなった事から、意識をそれらに集中させていたためだと考えられた。子宮内膜症ではないと判った以降はストレスの影響だと考えて対処したのでその後、内膜壁の痛みが出る事が少なくなった。)


 帝王切開でまず出血するケースは、どっかの大動脈を切らない限り、物理的には考えられないのが普通だが、大動脈が通っているところといえば、全前置胎盤の胎盤剥離面、傍大動脈リンパ節郭清―後腹膜あたりかな…。調べてみると、稀に大動脈が切れるらしい。

 調査によれば、胎盤剥離困難の7割予測できないという。前置胎盤の妊婦では、出産時の出血量が2000mL以上になるケースが23.6%に上り、そうした胎盤剥離困難例の4分の3は術前に予測できなかったことが明らかになった。胎盤剥離が困難だった症例のうち、術前に予測されていたのは26.9%であり、約4分の3は術前に予測されていなかった。癒着胎盤が予測された症例の30%は、胎盤をはがすことなく子宮摘出などの処置が行われていたらしい。(参考:『胎盤剥離困難の7割予測不能』)

 ま、怖い話だよね。


### 大野病院事件判決要旨 ###
大野病院事件判決要旨(1)
大野病院事件判決要旨(2)
大野病院事件判決要旨(3)
大野病院事件判決要旨(4)
大野病院事件判決要旨(5)

### 大野病院事件判決までの奇妙な流れ ###
大野事件「控訴しないで」―超党派議連
「大野事件の控訴取りやめを」署名6873人分を法相らへ送付
大野病院事件、被告医師に無罪判決


 因みに自分は『福島県立大野病院事件論告求刑公判 - lohasmedical.jp』に挙げられた文面は論理的で理があると考える。

 ゲノムベースの今の時代、問題があるなら知識や技術を高めて問題を解決する方がまず先であると思う。

 純粋な理学である場合、稀の事態が起こった場合は擁護せずに根拠を求めて解決するのが日常で、やることは生物学よりも物理学の方が非ビアでやることが細かい。工学ならもっと細かくなるが、いずれにしても物性に対して人間心理なんて関係ないのが科学の世界。寧ろ、原因を解明し原因を解決するのが科学。

 医師が公務員化・サラリーマン化したらおしまいかな・・^^;


 また、医療には医療問題なんてのがあるが、経済を分析する純粋な経済学じゃ、資源配分問題が底辺にあるから、極めてドライな世界となる。人材問題とかいろいろあるだろうが、医者側が勝訴になった事に喜ぶ前に「診断を困難にしている問題についてどうするか」の解決策を一日も早く見出して欲しい。

posted by 0≠素子 at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

音楽をやめたとき

 「純正律より…。実のところはもっと深いところに「それ」はあるのかもしれない。

 誰がそれをやったとかは関係なく、時間の流れの中でトーンとリズムを体内に刻む事にある。その刻みが多彩で複雑であるほど、或いは、単純で原理に近いほど、生き物は再生しながら進化し続け、生き続ける。


 音楽をやめたときは、「生きる」事をやめたときかもしれない・・・とふと気がついた。

 何故なら、リズムとトーンは自分の一部だからにある。

 音楽に全く触れていないときでも、肉体は、リズムとトーンは体内で刻み続ける。これを止めたときに死を意味するのだろうとふとそう思った。

 何故なら、音楽は体内の営みを刻みつつけるのと同じ動作だから、音楽に触れずとも良い。

 音楽を必要とするときは大抵、治癒や回復を求めるときか、新しい何かを求めているときかだ。

 即ち、自分にとっては、音楽は「生」なのかもしれない。

 今のところcrossover名義でのDTM製作はずっと休業中であるが、それまで音楽は「Soul」だった事を考えると、もっと物理に近づけたのかもしれない。

posted by 0≠素子 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | paradigm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

純正律

 『RD 潜脳調査室』(参考:「RD 潜脳調査室 - Wikipedia」)の「#11/純正律」を観ていて気がついたが、どうも久島っぽい。

 確かに、自分の身の回りには音楽がない。それは、精密な分析や計算を必要とするようなリサーチを行っている場合、音楽があると邪魔になるからだ。

 だから、よほど精神的にまいっている時でもない限り音楽を聴かない。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | profile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

政治家不信の理由

 目の前にある諸問題―物事の成り立ちや一般常識(物理学や生物学など子供が学ぶような基礎科学知識)もなく、庶民の生活も何も知らない―政治被れの政治しか知らない者たちに何が出来る?

 正直に言えば、同じ一般庶民でも政治かぶれでもない限り、ごく普通の一般庶民には、政党の運営や各党の政権の話はどうでも良い事であって、目の前にある年金問題や医療問題、時期に目の前の現実になるであろう地球温暖化で受ける様々な被害がでる諸問題についての対処の方が重要となる。

 数年前にも一般市民による政治に不関心になった事があったが、喉元を過ぎれば、忘れたのかな?

 下記のようなものがあると、下落する。


 公明党は地球温暖化対策の重要性よりも、政権をとるためのポストの方が大事なようだ。

 地球温暖化という現象がどんなものか、人にとってどんなに脅威であるものなのかさえ知らないと公表しているものだ。現在の地球温暖化問題で温室効果ガス削減を行う事だけでも非常に難しい難関といえるのに何も考えてないな。

===================================
<内閣改造>公明、強気の対応 伊吹幹事長外しを要求
8月1日21時24分配信 毎日新聞
===================================
 今回の内閣改造と自民党役員人事で、与党である公明党は、従来にない条件闘争の姿勢を取った。臨時国会の召集時期などで対立した伊吹文明氏を幹事長から外すよう暗に求め、その結果を見極めるまでは入閣候補も固めなかった。結果的には従来どおり1人が入閣し、福田政権を支える意向を示したが、自公の間に生じた火種はくすぶり続けそうだ。

 公明党の太田昭宏代表は1日、斉藤鉄夫氏の環境相就任が決まった後、「環境は、現在の内閣にとっても、日本にとっても、極めて重要なので希望した。政権を支えることは当然で、むしろ公明党が政権をリードしたい」と述べ、政権を支える意欲を強調した。

 しかし、公明党が入閣候補に斉藤氏を決めたのは、1日午後になってから。複数の党幹部によると、党執行部は前日、伊吹幹事長が交代しないなど改造が小規模だった場合、冬柴鉄三国土交通相の留任を求めることも検討していたという。

 支持母体の創価学会からも「閣外協力に転ずるべきだ」との声が党に多数寄せられ、公明党首脳も「うちが閣僚を出さない選択肢もあるのではないか」と周辺に漏らしていた。

 背景には、公明党の選挙戦略がある。創価学会が本部を置く東京都で来夏行われる都議選に全力を注ぐためには、期間をおいた年末から年明けの衆院解散・総選挙を求める意向だった。そうである以上、来年1月で期限切れとなる新テロ対策特別措置法を衆院の3分の2で再可決する事態は避けたいのが本音。木庭健太郎参院幹事長はBS放送で「わざわざ3分の2をやったうえでの選挙は考えにくい」と強調していた。

 これに対し、3分の2での再可決を前提に、臨時国会の8月下旬召集を強く主張したのが伊吹氏だった。反発を強めた公明党は公然と9月召集を主張した。内閣改造をめぐっても「改造ありきではない。支持率が上がるかがポイントだ」(山口那津男政調会長)などと慎重な対応を求める発言を重ねた。

 結果的には公明党の意向に沿う形で、自民党幹事長は麻生太郎氏に交代した。だが、公明党幹部は「新テロ対策特措法への対応などは未知数」と述べ、自民党の新執行部の対応を見守る方針だ。自民党幹部も「環境相は、これまで公明党議員が就いた国交相や厚生労働相より軽い。政権への関与が薄くなる印象だ」と述べ、公明党側が政権と微妙な間合いをとったと見ている。【西田進一郎、田所柳子】

 報道も政治被れで、人類が置かれている状況を把握できていない、無知である部類に入る。

===================================
小沢代表「国民の願いは閣僚ではなく政治の入れ替えだ」
7月31日21時18分配信 産経新聞
===================================
 民主党の小沢一郎代表は31日、さいたま市内で記者会見し、福田康夫首相が内閣改造の意向を固めたことについて「国民が求めているのは閣僚の入れ替えではない。首相自身を含め政権そのもの、政治と行政の中身を変えなくてはならないというのが国民の意思だ。(首相)本人が替われば別だが、閣僚が変わっても評価されないだろう」と批判した。

 現行の問題解決のほうが重要。

 年金問題に、医療問題に、地球温暖化対策など、或いは、物価の高騰に対し年収が減っていることからの経済圧迫の回避対策などについて、これをすべて対処できる能力があるのなら、が、一般国民の誰もが認める条件だろう。

 逆に言えば、問題解決が出来、安全に運営できるのであるなら誰でもいいのが一般庶民であるといっていい。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政の不正を監視しよう

 『良識疑うというならば…』より『物理を知らん奴って、致命的だね。』。

 物事を知らない報道陣の多さや「物理を何も知らないポストのご一行さま」というわけで、政治不信に行政不信はエントロピーに達しているのは自分だけというわけではないかと思われる。

 方法は、市民オンブズマンに参加すればよい。

 調べに依れば、市民オンブズマンの中で「市民オンブズマン福岡」が最も技術力を有しているようで、各専門家が集まっており、物理的な対処を行っているようだ。

 また、「全国市民オンブズマン連絡会議」は、国、地方公共団体などに関わる不正・不当な行為を監視し、これを是正することを目的とする団体である。

 参加方法は、「寄付をする」「会員になる」「イベントに参加する」「ボランティアで参加する」「情報提供(匿名可)」と、様々な方法があり、個人に適したものを選べば良い。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物理を知らん奴って、致命的だね。

良識疑うというならば…』より。

===================================
橋下大阪知事は「素人」=「伊丹廃止検討」発言を批判−冬柴国交相
8月1日12時6分配信 時事通信
===================================

 冬柴鉄三国土交通相は1日の閣議後記者会見で、関西3空港(関空、伊丹、神戸)のあり方をめぐり、橋下徹大阪府知事が関空と競合する伊丹の廃止に言及したことについて、「素人の発言だと思う」と批判した。

 橋下知事は7月31日、関空活性化に向けた都内での要望活動中、記者団に対し「伊丹の廃止も含め検討する」と発言。3空港について抜本的な議論を行う必要性を指摘した。

 国土交通省は、人件費において500mにつき一人の管理をつけ、公共関連の都市計画の実コストとは別に、公共関連の運営管理(天下り財団)に実コストの100%のコストをかけている。

 一般企業での運営管理は1つの計画に付き工事についてのコストの3割程度しかかけない。 

 しかも、国土交通省の人材は法律で動く事しか知らず、物理の物事の道理も認識できず、計算ができない材が多い。立地条件で道路が凸凹になるために、一定化させないとならないため、法律とは例外の対処を取らなければならないところを、法律で決まっているからと子供並みの判断するポストも居る。

 また、国土交通省に限らず、行政・自治体関連は、外注や企業任せで管理の立場であるというのに管理するための状況把握もしていない事が殆ど。

 企業には失敗や後の訂正は利かないといいつつ、自身は黙ってこれを行う。事業が失敗したのを隠して黙って穴埋めしている事などよくある話ではないかと思う。

 だから関連した民間ほど、不信を抱いており、実のところでは、あまりの物理の知らなさに軽視さえする状態であって、信頼など持っている者は、まず居ない。特に技術者は「無い方が円滑に包む」と嫌悪のエントロピーは高くなる。そういった関連の話などは知人や友人や身内から情報が行き交う。

 事実上、これを監視し、不正と戦ってているのは、市民オンブズマンである。

===================================
<伊丹空港廃止>国土交通相が「素人」と強い不快感
8月1日12時6分配信 毎日新聞
===================================

 大阪府の橋下徹知事が大阪(伊丹)空港の廃止を検討する考えを示したことについて、冬柴鉄三・国土交通相は1日の閣議後会見で、「素人じゃないんですか。素人」と述べ、強い不快感を示した。

 冬柴国交相は、「議論したらそんなもの(廃止案)はつぶれます。そうなりません」と述べ、空港設置管理者としての国が大阪空港の廃止をまったく検討していないことを言明。改めて、厳しい表情で橋下知事に対し、「あんまり素人が大胆なこと言わない方がいいよ。そう思います」と締めくくった。

 橋下知事は31日、東京都内で報道陣に対し、沈滞する関西国際空港の活性化を踏まえて、「伊丹の廃止を含め、(関西、神戸の)3空港のあり方を9月から検討する」と語った。【窪田弘由記】

 自身の見解からいえば、「ガラス張りのクリーンなマネーフロー化」の実現が必要だと断言する。この方法は、80年代より、バブル崩壊時代に日本の大手企業が生き残るための能力獲得にハーバード大学経済学部の大学院修士課程を学んで実行した方法で、バブル崩壊当事は、クリーンなマネーフローの知識に関するテキストが数多く出版されている。

 そして、その専門課程ではどこを削減する必要があるかの計算モデルさえも開発されているが、運営難を抱えている場合、現状を分析して修正し、統計をやり直して試算しなおさなければならず、限られているそのスケール内にあるものを元に滞りなくするために、コスト削減を行って潤滑させるというのが、経済学の実際の真髄である。

 マネーフローや経済といった物事の流れは、実際の物質(資本や資産)を元にマネーフローは成り立っている。コンテンツに対する評価がマネーにあたり、需要があるかどうかが鍵になってくるため、マーケティングが必要になってくる。

 実際の物質(資本や資産)を元に、需要と供給において、実際にマーケティングが成り立たない場合は、必ず潰れるものとなる。

 つまりは、ここで話している話は、現在では常識になっているものである。

 こういった基本的なを知らない者は、実に致命的である。

 要は、「どれだけの利用者があって、本当に運営が成り立っているのか?」が、まず問題とされる議題である。

 関西国際空港は「関西国際空港株式会社」が運営しているが、こちらは一般の大手企業が行っている方法を用い、経済学による分析方法を用い、通常以上の専門的なスタンスで打ち出しており、わかりやすい。

 神戸空港は「神戸市みなと総局空港事業室推進課」が運営しているが、収支を取り上げていないだけ、マネーフロー上の運営が曖昧に行われてきている可能性が高い。財務課で会計上で一括にて科目計上しているだけであるから、まずはじめに運営システムを強化するための開拓を行わなければならない。

 大阪国際空港(伊丹空港)は、『良識疑うというならば…』で取り上げてきたように、最も不透明。詳細データが全くなし。ようこれでやるな…といった状況。

 「大阪国際空港ターミナル株式会社」が運営していることになっているが、小さな店で家族経営している有限会社でもないんだから、必要最小限民間企業並みの対処は必要。負債を抱えているのなら、民間企業並みの努力は最低限必要。


 橋下氏は実際に必要なノウハウを用いての手順を踏んでいないが、まんざら、間違いでもない。一般的な企業の運営の事例などのケースでいえば、伊丹空港は倒産してもおかしくないケースで、神戸空港もその類に入る。

 どちらも、ガラス張りにし、クリーンなマネーフローを行う必要がある。その過程では、どちらも外部監査を望まれる。

 伊丹空港では新たなCEOを向かい入れる上でのカルロス・ゴーン流人員削減の必要性を迫られるであろうし、破綻していたのなら産業再生機構に委ねるという方法もあるが、マーケティングの過程では元から採算が見込めないなら廃止も考えられる。

 神戸空港では行政が運営管理しているが、人員削減し、「神戸市みなと総局空港事業室推進課」ごと民間化させるという合法もあり、一般企業の場合と同等の運営法を負担させ、破綻していたのなら産業再生機構に委ねさせ、マーケティングの過程では元から採算が見込めないなら廃止も考えられる。

 どれだけ箱物で潰せば気がつくのか。箱物でいくら潰すよ…?

 谷垣財務大臣も無知の巣窟だったが、道路族げな二次元パラダイムを持つ冬柴氏は典型的なバカの壁をもつ一人であるらしい。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。