2008年07月31日

良識疑うというならば…

「知事の良識疑う」伊丹廃止検討に地元から非難噴出』…?_? …という産経新聞の報道について。

 上記では「伊丹空港は国が設置管理者で、府に廃止を決める権限はない。1兆1200億円の有利子負債を抱える関西国際空港(関空)を活性化するため」…(中略)…「伊丹の廃止を含め、3空港のあり方を9月から検討する」と語った、という。

 大阪国際空港、関西国際空港、神戸空港の三空港の建設・運営に纏わる経緯と現状について調べてみた。

 このうち、関西国際空港は「関西国際空港株式会社」が運営しており、経理・会計等の計上は的確に挙げられており、投資関連まで、まともに詳細まで確認するとこが出来る。

 神戸空港は「神戸市みなと総局空港事業室推進課」が運営しており、ここでは財政計画のみしか挙げられておらず、財務課で市の会計として一括にて科目計上している。この為、航空事業運営の詳細計算が行われていないだけ、どこが悪いのかもわかっていないだろう。

 調べに依れば、大阪国際空港(伊丹空港)は、「大阪国際空港ターミナル株式会社」が運営しており、企業案内で簡単に示しているだけで一切の詳細の情報が提示されていない。一般常識では情報も提示されていないのに、これで投資しろというのがおかしい。

 詳細データが提示されない以上、信頼性は薄く、改ざん捏造されている可能性も否定できない。なんといっても、これじゃ、運営上でどんな対処をすればよいのかも、まったくわからない。

 …というか、最も不透明。詳細データが全くなし。ようこれでやるな

 このような不透明な運営は、経済学では破綻するよくあるケースのモデルとして説明されるものであるが、マネーフロー論など経済学に関するものでも必ず説明されるものであるので、一般常識でもある。そういった学術上の論点の流れで見ていくと、厳密に言えば経済発展の根拠はない。

 まず、株式会社を名乗っている以上、マネーフローの提示やプレスリリースの公開は、お約束事である。

 かつて北九州にあった新日鉄が鉄冷えで倒産した時に、その周囲の会社も倒産が続き経済が落ち込んだように、大規模の会社が潰れれば、経済発展も意味もない。

 少なくともマクロ経済を知っているだけでは、実のところの経済を語れない。

 商業高校程度(入門書程度)の現代経済学の知識や会計(簿記の見方)の知識もないのに「良識を疑う」はないだろう。
posted by 0≠素子 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

とんだ馬鹿の壁

 「たばこ1000円、6割超が値上げ賛成」といった報道が出たが、この統計というのも、どうにも胡散臭い。

  なんだ・・。言わなきゃ駄目だろうか?

 知識を入手しやすいこの情報時代、経済の流れがわかっていない奴ってそんなに多いの?

 健康に悪いからいいんじゃないと安受けして本当に良いのか? それで損失を受けたところはどうなる? 失業者が増えればどうなる?

 それで税収が出来るものと本当に成り立つと思っているのだろうか? もし、税収減となればどこにしわ寄せになり、どこに帰ってくるのか考えてのものなの?

続きを読む
posted by 0≠素子 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。